研究目標

有機合成化学を武器とした生体機能の解析、特に免疫機構の解析を目指した研究を行っています。また、新規機能解析手法あるいは新規の生体機能調節性物質創製を目指します。

fig1

NEWS/お知らせ

2016.04.01
新4年生を迎えて2016年度がスタートしました。
2016.2.18
Prof. Antonio Molinaro (University of Napoli Federico II, Italy)を迎えて講演会を行いました。
2015.10.24
慶應義塾大矢上キャンパスで GlycoTOKYO2015 を開催しました。
2015.10-
相羽俊彦 (D2)がBernhard- Nocht Institute for Tropical Medicine (ドイツ) に共同研究のため短期留学に出発。
2015.07-09
Merve Demir (Bogazici Univ.) がSummer Studentとして滞在
2015.07
石橋俊一 (M1)が国立清華大学 (台湾) へ交換学生として短期派遣
2015.04.01
新4年生を迎えて2015年度がスタートしました。
2015.02.26
Prof. Antonio Molinaro (University of Napoli Federico II, Italy)を迎えて講演会を行いました。
2014.06.03
Prof. Nina Berova (Columbia University, USA)を迎えて講演会を行いました。
2014.05.24
関西グライコサイエンスフォーラムで相羽俊彦(D1)君が優秀講演賞を受賞
2014.05.15
Qianqian Wang (D3)がHarvard Medical School, Boston Children's Hospitalに共同研究のため短期留学に出発。
2014.04.01
新しく研究室がスタートしました。

研究トピックス

講演予定

  1. 日本化学会 天然物および生物有機化学に関する中西シンポジウム2016 "Microbial Immunomodulatory Glycoconjugates; Syntheses and Biological Functions" Yukari Fujimoto (京田辺, 2016.3.24)
  2. International Conference of Computational Methods in Science and Engineering (ICCMSE 2016) Computational Chemistry (CC) Symposium “Immunomodulatory Microbial Components; Their Structures , Syntheses and Biological Functions” Yukari Fujimoto (Athens, Greece, 2016.3.17-20)
  3. The 3rd Mini-Symposium between Keio University and National Tsing Hua University “Microbial Glycoconjugates; Chemistry and Immunomodulatory Functions” Yukari Fujimoto (National Tsing Hua University, Hsinchu, Taiwan, 2016.3.11)
  4. The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies "Synthesis of immunomodulatory glycoconjugates based on recently developed chemical glycosylation" Yukari Fujimoto (Honolulu, 2015.12.19).
  5. 有機合成夏期セミナー「明日の有機合成化学」”免疫機構調節に関わる信号を伝える細胞表層分子群:有機合成と機能解析”藤本ゆかり(大阪, 2015.9.1)
  6. 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー ?分子標的と活性制御?」第8回公開シンポジウム“免疫調節に関わる微生物由来分子群:化学合成を基盤とした機能解析”藤本ゆかり(仙台, 2015.6.8)
  7. 新規素材探索研究会 第14回セミナー“免疫機構制御を目指した調節活性分子の探索と創製” 藤本ゆかり(横浜, 2015.6.3)

Member photo

2016Fujimoto-lab
ページの先頭に戻る