理論化学研究室 教授 藪下 聡Satoshi Yabushita

藪下 聡
学位
工学博士
主な学部担当科目
量子化学基礎/物理化学第1/化学実験第1/物理化学第3/化学A
所属専攻・専修
基礎理工学専攻・分子化学専修
主な大学院担当科目
研究分野キーワード
量子化学/相対論効果/スピン軌道相互作用/光分解反応/共鳴状態

研究紹介

重原子を含む分子の量子化学研究のために、相対論効果を効率良く含むスピン軌道配置間相互作用法の開発を行い、さらに光反応における非断熱過程や量子干渉効果の研究に応用しています。共鳴状態の研究のために複素座標法に基づく計算方法を開発し、特に光イオン化断面積の定量的計算を目指しています。また分子振動の高次倍音吸収強度や、希土類錯体の電気的・磁気的物性を理論的に研究しています。

職歴・履歴

1977年3月
大阪大学基礎工学部化学工業学科 卒業
1979年3月
大阪大学大学院基礎工学研究科化学系専攻修士課程 修了
1982年3月
大阪大学大学院基礎工学研究科化学系専攻博士課程 修了 (工学博士取得)
1982年8月
米国北ダコタ州立大学化学科 博士研究員
1984年1月
米国オハイオ州立大学化学科 博士研究員
1986年9月
分子科学研究所理論系 技官
1988年4月
広島大学理学部化学科 助手
1993年4月
千葉大学教養部 助教授
1994年4月
千葉大学理学部化学科 助教授
1994年9月
慶應義塾大学理工学部化学科 助教授
2001年4月
慶應義塾大学理工学部化学科 教授

現在に至る
この間に以下の職を兼務

1994年4月~1995年3月
分子科学研究所理論系 客員助教授

業績

論文リスト