学科紹介 研究室紹介 詳細

一覧へ

反応有機化学研究室 (山田教授)

【研究分野:錯体触媒/不斉合成反応/酸化反応/還元反応/炭素鎖形成反応】

データ

教授

山田 徹
ヤマダ トオル

助教

齊藤 巧泰
サイトウ コウダイ

Introduction

本研究室では、主に金属錯体触媒を用いプロキラルな分子からキラルな分子への高度な分子変換反応を行っています。例えば、当研究室で開発した光学活性コバルト錯体触媒存在下、安価で取り扱い容易な水素化ホウ素ナトリウムを用いると、ケトンやイミン、さらにはα,β‐不飽和カルボニル化合物から触媒的不斉還元反応により高収率・高エナンチオ選択的に光学活性化合物が得られることを報告しています。最近では、本触媒系が、それら点不斉制御だけではなく、ビアリール化合物類の軸不斉制御へも適用可能であることを見出しました。さらに、計算化学的手法や様々な測定装置を駆使し、反応機構解明なども手がけています。その他、分子状酸素によるオレフィンの酸化反応や、銀触媒による二酸化炭素を利用する新規合成法の開発、さらには、二酸化炭素とエポキシドとからの交互共重合反応によるポリカーボネート樹脂の合成なども行っています。

研究説明図

一覧へ