学科紹介 研究室紹介 詳細

一覧へ

表面化学研究室 (近藤教授)

【研究分野:表面科学/分子プロセス/放射光分光】

データ

教授

近藤 寛
コンドウ ヒロシ

助教

吉田 真明
ヨシダ マサアキ

Introduction

私たちの研究室は、茨城県や兵庫県、愛知県などにある放射光施設で強力なX線を使用し、触媒が作動している状態をその場観測することで、その反応メカニズムを理解する研究を行っています。放射光X線は強力で指向性が高く、実験に合わせて波長や光の性質を自由に変えられるため、刻々と変わっていく表面の様子を観測するシステムの開発に向いています。そのため、私たちは放射光施設において自作の触媒反応測定システムを開発し、様々な触媒反応を研究対象として実験を行っています。具体的には、準大気圧(1 Torrほど)下で測定できるX線光電子分光装置を開発し、固気界面で進行する環境浄化触媒や産業触媒のその場観測を行っています。また、水溶液中での測定が可能なX線吸収分光システムを製作し、固液界面で進行する光触媒・光電極や燃料電池などのin-situ測定を行っています。これらの一連の実験を通して、固気界面・固液界面での触媒の反応メカニズムを詳細に理解することで、様々な触媒開発への応用に役立てていくことを目標としています。

研究説明図

一覧へ