学科紹介 研究室紹介 詳細

一覧へ

機能材料化学研究室 (羽曾部准教授)

【研究分野:分子集合体/光エネルギー変換/超分子エレクトロニクス】

データ

准教授

羽曾部 卓
ハソベ タク

助教

酒井 隼人
サカイ ハヤト

Introduction

 今日までの合成化学分野の大きな技術進展により、我々は現在、炭素、水素、窒素を基盤とした複雑な化学構造を持つ有機化合物をある程度思い通りにデザインし、つくりだすことができるようになっています。この一定の分子量や化学構造を持つ有機化合物(1 ナノメートル程度のサイズ)を数十ナノメートルからマイクロメートルオーダーの巨大な分子の集合体へ組織化することにより、孤立した一分子の状態では到底予想もできない機能や物性(特に、光・電子物性)の発現が可能となります。
 当研究室では合成化学及び超分子化学といった有機化学的な手法を用いることにより、分子がある一定サイズに集合した「分子集合体」の研究を行っています。単なるモノ作りで終わるのではなく、目的とする機能が発現するように、緻密な分子設計・合成を行い、さらに、化学結合(共有結合、配位結合、水素結合、分子間力等)の精密制御による巨大な集合体への組織化を行います。また同時に、最先端の装置群を駆使した物性及び構造解析など多面的な評価により一つの集合体に潜む可能性を明らかにしていきます。特に、注目している分野としては太陽光発電に代表される光電変換などのエ レクトロニクスやエネルギー変換触媒系の分野です。一昔前までは有機化合物によって電子デバイス・エレクトロニクスなどが駆動するとは想像できませんでしたが、今日ではそれが可能な時代になりつつあります。このように常に変動する時代背景を的確に捉え、私たちは次世代を担う技術開発に貢献できるモノ作りを行うべく、超分子化学・有機合成化学・光化学・電気化学などの異分野を融合した研究展開を日々推進しています。

研究説明図

一覧へ