研究 主要な業績

慶應義塾大学理工学部化学科の主要な業績をご紹介します。活気溢れる雰囲気の中、切磋琢磨しながら活発に研究が行われている化学科です。若手からベテランまで多くの教員が、文部科学大臣表彰や日本化学会進歩賞など、学術的に権威ある賞を受賞しています。学生の受賞にも目を見張るものがあり、毎年2桁の受賞数を誇ります。10に満たない研究室数、一学年40人程度という小規模な学科であることを考えると、受賞の質、量ともに群を抜いているものと言えるでしょう。プレスリリース、論文・出版物からも世界レベルでの研究、教育活動が行われていることが理解頂けると思います。これからも慶應義塾大学理工学部化学科の成果にどうぞご期待下さい。

受賞ヒストリー

プレスリリース