More Precious than Gold and Silver

Most of you like gold and silver, and some are even enthusiastic about these metals.
How about copper? Your answer will now become ambivalent; many of you may not be so much interested in this third place metal, copper. However, just 80 mg of copper in your body are definitely required to keep you alive. Even without gold and silver, you will stay healthy; if you lose copper, instead, you will die.
A goal of our research is to understand how our body keeps this unsung metal for making us alive in a molecular level.

Research Keywords
私たちの研究を理解するためのキーワード

Cu,Zn-superoxide dismutase (SOD1)
Copper chaperone
Protein aggregation
Amyotrophic lateral sclerosis (ALS, 筋萎縮性側索硬化症)


You can check a movie introducing our research at YouTube site.(私たちの研究紹介ビデオがYouTube サイトから見ることができます。)

慶應義塾・理工学部のウェブサイトに掲載される「学 問のすすめ」もご覧ください。

Our Recent Activities

  • 2014.11.30-12.5
    AsBIC7 @Gold Coast
    Oral and Poster presentations @Gold Coast
    (ゴールドコーストで開催されたAsBIC7で発表しました)

    Continue Reading >>

  • 2014.11.26-28
    A lecture @Seoul
    (ソウルで開催された日韓セミナーで講演しました)

    Continue Reading>>


Interesting News on Science

Our Research Topics

  • Activation of SOD1 in bacteria

    (2014.6.13)

    SOD1, a main target of our research, is an antioxidant enzyme that can remove a reactive oxygen species, superoxide anion. Given its pathological roles in neurodegenerative diseases, human SOD1 have been extensively studied by many groups including us. Also notably, bacteria have SOD1 proteins to cope with their oxidatively stressful environment. For example, bacteria that attempt to infect our bodies will be recognized by macrophages, and macrophages generate superoxide anions to kill the infecting bacteria. In the absence of SOD1 activity, therefore, bacteria will succumb to the macrophage attack. In this study, we have proposed that the antioxidant activity of SOD1 is up-regulated under the oxidative environment through formation of the disulfide bond in SOD1.

    Read More >>

  • バクテリアのSOD1活性化メカニズム

    (2014.6.13)

    私たちが主に研究しているタンパク質SOD1は、活性酸素の一種である スーパーオキサイドの除去に関わる抗酸化酵素です。私たちを含めた様々な研究グループで、神経変性疾患とSOD1との関連が精力的に研究されていますが、 バクテリアのような原核生物にもSOD1が存在し、その役割は多岐にわたります。例えば、私たちの体に侵入したバクテリアは、マクロファージと呼ばれる細 胞に取り囲まれた後、スーパーオキサイドの攻撃を受けて殺されます。つまり、バクテリアが宿主にうまく感染するには、マクロファージが出すスーパーオキサ イドに対抗する必要がありますが、その一つがバクテリア自身が有するSOD1を活性化させることです。しかし、バクテリアはどのようにSOD1活性を調節 しているのか、そのメカニズムは明らかでありませんでした。今回の研究では、バクテリアは周囲の酸化的環境に応じて、SOD1に「ジスルフィド結合」を形 成し、酵素として活性化させていることを明らかにしました。

    Read More >>

Who are we?

We are a protein chemistry group in the Department ofChemistry at KEIO University, Yokohama, JAPAN.

慶應義塾大学理工学部化学科に所属し、タンパク質化学を担当しています。

A principal target of our research is an intracellular copper ion regulating a "life" of protein molecules.

私たちが研究のターゲットとしているのは、タンパク質の「行く末」をコントロールしうる細胞内の銅イオンとの関係についてです。

Many proteins require copper ions for either their full enzymatic activity, their structural stabilization, or both; however, much remain undiscovered on how proteins acquire copper ions in cells.

多くのタンパク質では、酵素活性を発揮したり、あるいは立体構造を安定に保つために、銅イオンが必要です。しかし、細胞の中で、タンパク質 がど のように銅イオンを捕捉し結合するのか、よくわかっていません。

Our research projects will reveal "how proteins get a copper ion" and "what happens if proteins fail to get a copper ion" under intracellular environment.

私たちの研究によって、「タンパク質が銅イオンを獲得するメカニズム」と「銅イオンを獲得できない場合に生じるタンパク質の変化」が解き明かさ れる と期待されます。