More Precious than Gold and Silver

Most of you like gold and silver, and some are even enthusiastic about these metals.
How about copper? Your answer will now become ambivalent; many of you may not be so much interested in this third place metal, copper. However, just 80 mg of copper in your body are definitely required to keep you alive. Even without gold and silver, you will stay healthy; if you lose copper, instead, you will die.
A goal of our research is to understand how our body keeps this unsung metal for making us alive in a molecular level.

Research Keywords
私たちの研究を理解するためのキーワード

Cu,Zn-superoxide dismutase (SOD1)
Copper chaperone
Protein aggregation
Amyotrophic lateral sclerosis (ALS, 筋萎縮性側索硬化症)


You can check a movie introducing our research at YouTube site.(私たちの研究紹介ビデオがYouTube サイトから見ることができます。)

慶應義塾・理工学部のウェブサイトに掲載される「学 問のすすめ」もご覧ください。

Our Recent Activities

  • 2014.3.27-30
    Oral presentations at the CSJ Annual Meeting
    (日本化学会春季年会にて口頭発表を行いました)

    Continue Reading >>

  • 2013.12.27
    A party at Jiyuh-gaoka, Good-bye 2013.
    (自由が丘で忘年会をしました)

    Continue Reading >>


Interesting News on Science

Our Research Topics

  • Seeding reactions in ALS

    (2014.3.29)

    Protein fibrillar aggregates exhibit a self-perpetuating property, which can convert a soluble native protein into insoluble fibrillar aggregates. Such “seeding reaction” of protein fibrils can accelerate the aggregation significantly and would contribute to the spread of inclusion pathologies from an affected cell to its neighboring cells in neurodegenerative diseases. In ALS, a pathological change first occurs at the site of disease onset and then propagates throughout the affected tissues in a time-dependent manner; therefore, it can be assumed that seeded aggregation may be the key factor of disease progression in ALS. In this mini review, we will briefly summarize recent studies on possible roles of a seeded aggregation of SOD1 in pathomechanism of ALS.

    Read More >>

  • ALSにおけるタンパク質シーディング

    (2014.3.29)

    タンパク質の線維状凝集体には「シード」機能を有していることがありま す。 シードとは、大きな結晶を作るときに予め加えておく小さな結晶のことで、いわゆる種結晶のことを指します。 タンパク質が構造変化を起こして線維状に凝集すると、それらが「シード」として機能することで、溶液中の残りのタンパク質がどんどん線維化してしまうこと があります。 このようなタンパク質の線維化促進現象のことをシーディングと呼んだりしますが、近年では、このシーディングが各種の神経変性疾患の症状進行を制御してい るのではないかと考えられています。 そこで、神経変性疾患の一種である筋萎縮性側索硬化症(ALS)に焦点を当て、ALSにおいて見られるタンパク質凝集のシーディングに関する研究をまとめ てみました。

    Read More >>

Who are we?

We are a protein chemistry group in the Department ofChemistry at KEIO University, Yokohama, JAPAN.

慶應義塾大学理工学部化学科に所属し、タンパク質化学を担当しています。

A principal target of our research is an intracellular copper ion regulating a "life" of protein molecules.

私たちが研究のターゲットとしているのは、タンパク質の「行く末」をコントロールしうる細胞内の銅イオンとの関係についてです。

Many proteins require copper ions for either their full enzymatic activity, their structural stabilization, or both; however, much remain undiscovered on how proteins acquire copper ions in cells.

多くのタンパク質では、酵素活性を発揮したり、あるいは立体構造を安定に保つために、銅イオンが必要です。しかし、細胞の中で、タンパク質 がど のように銅イオンを捕捉し結合するのか、よくわかっていません。

Our research projects will reveal "how proteins get a copper ion" and "what happens if proteins fail to get a copper ion" under intracellular environment.

私たちの研究によって、「タンパク質が銅イオンを獲得するメカニズム」と「銅イオンを獲得できない場合に生じるタンパク質の変化」が解き明かさ れる と期待されます。