KONDOH LAB

KONDOH Research Group / Labolatory of Surface Chemistry
Department of Chemistry,
Fuculty of Science and Technology,
Keio University

慶應義塾大学 理工学部 化学科 近藤研究室

NEWS

2018.10.10
第10回岩澤コンファレンスが終了しました. ご参加くださいましてありがとうございました.
2018.06.30
ページをリニューアルしました.
2018.06.26
日本表面真空学会・第65回表面科学基礎講座で「放射光表面構造解析」の話をしました.
2018.04.01
新しく学部4年生3名が配属されました.
2018.04.01
新しい助教として伊勢川和久さんが着任しました.
2018.03.28
修士2年生4名が大学院修士課程を修了しました. おめでとうございます.
2018.03.26
学部4年生4名が大学を卒業しました. おめでとうございます.
2018.03.09
電気化学会第85回大会で特別講演を行いました.
2018.02.28
8年にわたり助教として活躍してくれた吉田真明さんが山口大学・大学院創成科学研究科に准教授として栄転しました. おめでとうございます.
2017.11.01
[固液班] 修士2年の黒須洋克君が, 2017年10月に行われた「UVSORシンポジウム2017」にて "学生ポスター賞" を受賞しました.
2017.11.01
博士2年の伊勢川和久君がInternational Symposium on Novel Energy Nanomaterials, Catalysts and Surfaces for Future EarthでNENCS Poster Award (Student)を受賞しました.
2017.10.23
日本表面科学会主催国際シンポジウムISSS-8で成果発表を行いました.
2017.09.19
触媒学会・表面化学チュートリアルで「金属表面化学」の話をしました.

前のニュースを見る 

Research

近藤研究室では反応中の触媒を直接観測できる手法を立ち上げて, 触媒の活性化の仕組みや物質変換・エネルギー変換の仕組みを調べています.

Recent Topic

NO還元におけるN2選択率が高いことが知られるIr触媒に対してNAP-XPSと質量分析法でオペランド観測を行った. 図に示すような二つの反応パスで反応は進み, 両者ともN2の生成をもたらすことが分かった.

Access

〒223-8522
神奈川県横浜市港北区日吉3-14-1
045-566-1592

Latest Photo